忍者ブログ

Azukish

消えゆく世界と流れる未来に最後の灯を since 2006/4/3

2016/09/30

32feet.NETをWPFで使ってみる


アメリカにいます。なので、こんばんはです。
↑みたいな感じで。



Visual Studioから、
[ツール]→[Nuget パッケージ マネージャー]→[パッケージ マネージャー コンソール]
下を打ち込む。
PM> Install-Package 32feet.NET


MainWindow.xaml.cs
using System.Windows;
using InTheHand.Net.Sockets;

namespace WpfApplication1 {
    public partial class MainWindow : Window {
        public MainWindow() {
            InitializeComponent();
            var btClient = new BluetoothClient();
            var devs = btClient.DiscoverDevicesInRange();
            foreach (BluetoothDeviceInfo dev in devs) {
                listBox.Items.Add(dev.DeviceName);
            }
        }
    }
}


MainWindow.xaml
<Window x:Class="WpfApplication1.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:WpfApplication1"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
        <ListBox x:Name="listBox" HorizontalAlignment="Stretch" VerticalAlignment="Stretch"/>

    </Grid>
</Window>

これだけのコード量で周りのBluetoothの機器を検索して表示してくれる。便利。

拍手

コメント













カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

AD

Azkishはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。